「ふようひん」のアレコレ

【必要のないものを処分するタイミング】
処分したいけれど、中々処分に踏み切ることが出来ない事があります。最近では、断捨離などの片付けブームが定着してきているので、思い切って処分しようという方が増えてきました。使っていない物を処分する事で、スペースに余裕が出来て、心も軽くなるのではないでしょうか。そうして快適な生活が送れる事で健康状態も良くなることがあります。とはいえ、断捨離などをしようとするのにも中々踏み切れない方もいます。そんな時は、「1年に1度も使わなかったものは捨てる」という法則を取り入れてみてはいかがでしょうか。冠婚葬祭などの行事物は別として、1年に1度も使わないものは、これからも使う機会は来ないと考えられます。つまり必要のないものということです。大掃除などの機会に、一度押入れなどの収納スペースにある物を使ったかどうか分けてみると、意外と多くのものが1年に1回mも使ってない事が分かるかもしれません。

【不用品と不要品の違い】
不要品と不用品は同じように聞こえますが、実は不用と不要では少し意味が違うのです。不要というのは「必要としていないもの」の事で、まだ使えるものだけど、今は必要ないため使っていないものが不要品になります。不用というのは、「役に立たないもの」という意味があり、壊れていたりして使うことが出来ないものの事を指しているので、使い道がないため粗大ごみにに出すようなものが不用品となります。簡単に言うと、「使わないもの」と「使えないもの」という事になります。字は違いますが、発音は同じなので、会話の中で出てくる「ふようひん」はどちらの意味でも捉えることができるので、同じ意味だと感じる人が多いのでしょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.