片付けが苦手な人は「捨てる」を基本に

計画を立てる
「片付けが苦手」という人も少なくないことでしょう。ゴミ屋敷まではないでしょうが、捨てるより納戸に押し込んでしてしまって、もう少しも入る余地がない、そんな人もいるのではないでしょうか。片付けの基本は「捨てる」ことにあります。部屋の収納能力には限りがあります。使わないものまでいつまでも持っていては溜まる一方。いくら無駄のない収納方法をしたとしても、いつか限界が来ます。まずは捨てる計画を立てましょう。何も一度にやならくてもいいのです。『今日は納戸にあるこのエリアの荷物だけ』といった具合に、計画的に少しずつ行うのが挫折しないコツです。

捨てるものを決める
まずはそのエリアの荷物を全部出してしまいましょう。そして捨てるものを決めます。優先順位を付けるのではありません。捨てるか残しておくか、この2択です。優先順位を付けてしまうと結局全部残しておくことになってしまいます。1年以上使用していないものは恐らく今後も使わない可能性が大ですので、捨てるエリアに寄せておきます。すぐに使う、じきに使うというものはそのまま部屋に出しておきましょう。また収納してしまうとそのままになる恐れがあるからです。選別されて捨てるものに選ばれたものは、思い切って捨てるようにしましょう。

不用品回収業者にお願いする
「捨てる」と言ってもポイッとゴミに捨てるのはではなく、不用品回収業者にお願いするようにしましょう。市町村などの行政の回収より融通が効くので、都合のいい時に来てもらえるというメリットがあります。また、不用品回収業者にお願いすることで、まだ使えるものはリサイクルへと巡回させることが出来るので、資源を無駄にせずに済みます。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.