生前整理のお手伝い

自分がこの世を去るときの事を考える
最近は「終活」と言って、自分がこの世を去ったときのための準備を、行きている間に終わらせておこうという向きもあるようです。
少子高齢化が進んだ現在、子供や孫、ご兄弟に迷惑を掛けたくないというのがその理由のようですが、年を取れば取るほど、片付けというのは面倒なものです。

重量物は残したくない
年をとると言うのは、ライフスタイルの大きな変化をもたらします。それまでは食材でいっぱいの冷蔵庫も、食が細くなったり、一緒に暮らしていたお子様が独立されるに連れて無駄なスペースが生まれます。また、大量の食器や寝具、家具なども同様に家の中の収納スペースを圧迫していくこともあります。
そうしたものは、後に残すと処分に時間も費用がかかるので、前もって必要最低限の物だけを残して捨ててしまうのがおすすめです。

手伝いを依頼するのも一つの手です

しかし、大量の重量物を自分一人、もしくはご高齢の自分の伴侶と共に片付けるというのは大変です。万が一、無理をしすぎて足腰を痛めたり、あるいは体力の低下から病気になったりすることも考えられます。
そういったことを防ぐには、手伝いを誰かに依頼するのがおすすめですが、お子様を含むご家族にはまだまだ様々なお仕事があるかもしれません。そこで役立つのが不用品回収業者のサービスです。業者によってはシエ前整理のお手伝いサービスを展開している所もありますので、そういったものを利用して、自分の負担は最小限にしておくと良いでしょう。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.