耐火金庫の処分

耐火金庫は捨てられるか
耐火金庫とは、通常の金庫としての機能に加えて、長時間火災の高温にさらされてもなお金庫内の物品に熱が伝わりにくく、長時間に渡って中の物品が熱で燃えたりしないようにされた金庫です。
この耐火性能はコンクリートで発揮されており、外側の金属と内側の金属の間にはコンクリートが充填されています。
それ自体の重量はかなりのもので、防火性能以外にも、容易に持ち運べないことを活かした防犯性も高い金庫です。

処分方法について
実は防火金庫は大抵の市町村で粗大ごみとしては扱ってもらえないものとなっています。市町村単位でのごみ収集の際は当然として、粗大ごみとして回収できないというのは、自宅などで耐火金庫を使う側としては大変処分に困ります。

回収できる業者に任せる
耐火金庫は耐用年数の関係もあるので、中古として売却できない場合も青奥、使用不能語はそのまま廃棄物として処分されることも多いようです。しかし、業務用のものだと子供の背丈ほどもあるような大きなきんこfしょ 、kしヂュウヂよろしくお願いします。了解しました。もtsr強痔よろしくお願いします。了解しました。
耐火金庫のように処分が難しいものは早めに対応できる業者に処分を依頼するようにするほうが、楽な場合も多いようですから、その点を考慮した上でご連絡されると良いのではないでしょうか。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.